ご挨拶工法の紹介工法の適用工法の選定会員名簿

 ごあいさつ

 人間がボーリングを行った歴史は、今から4800年前にもさかのぼり、古代エジプトでピラミッドの建設材料石の調査に管状ボーリングを行ったという記録が残っております。近代的なボーリング工法の基礎になっている回転式工法(ロータリーボーリング)の原理を考えついたのは、1845年フランスのファウベルという人であり、ロータリーボーリング工法は、その後、各国でさまざまな発展経路をたどりながら、近代的な機械装置が次々と出現してきました。
 21世紀を迎えたいま、この美しい国日本における国土の高度な利用と、そして天災に強い都市づくりのために、私たちが貢献し得ること。それは、ボーリング技術とりわけ大口径ボーリングにおいて、先駆的な地位を築くことではないでしょうか。さらに具体的な例で申し上げれば、低・小空間で信頼性の高い杭を造成し続けることともいえるでしょう。
 そしてこれこそが、私たち「大口径ボーリング協会」の目的であり、共通の願いでもあります。
関係各位におかれましては、本協会の意図するところをご理解いただきまして、さらなるご指導・ご鞭撻とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

                                    大口径ボーリング協会